20210326105817
20210326104031

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル! 小ネタ集

ボヘミアン・ラプソディー」の北欧からのアンサー!!
もい!!!ひろトナカイ粉砕かわです🤘
みなさん、「ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!」観ましたか??
クスッと笑える、メタル愛に溢れた素晴らしいコメディ映画でしたね!
が、元ネタやメタルあるあるが分かると、よりこの映画に溢れる愛が理解できるかと思いますので、小ネタ、まとめさせて頂きました!!
でもわたしが分かるとこだけなので、その他付け加えることありましたら、メタル有識者,フィンランド有識者の皆様、追記・訂正もしくは日記書いてください(ぶん投げ)

こちら、ネタバレ含みますので、未見でネタバレ嫌な方は、映画を観てからご覧下さい(あくまで観せようとする)

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(字幕版)
 

 

 

 


◆主人公トゥロがヤンキーとかに「ホモー」って言われるシーン
まあ、正にメタルの世間に対してのイメージですよね。わたしはメタル=ダサいと世間から思われているとちょこちょこ言ってるんですが、正にそれです。はい。
あと、スラッシュメタル四天王の一角であるメガデスに昔所属していたマーティ・フリードマンも「ああいうヤンキーいる」って言ってました

mikiki.tokyo.jp

 

 

◆ドラマーのユンキ太ってる問題
ドラマーはデブじゃないとドラム経験のある有識者に度々主張されているのですが、まじでドラマーは太ってる人少ないっていうか知らないですし(運動量が多い為)、逆にドラマームキムキになりすぎ問題の方が話題にされるべきなので笑うところかと
因みに、メタルドラマー劇的ビフォーアフターで有名なのは、ブラジルのセパルトゥラのドラマー、エロイ・カサグランデ
Before

f:id:h6ka0:20210428093155j:plain
After

f:id:h6ka0:20210428093317j:plain

 

 

 

ジャスティン・ビーバー
探したんですが見つからず…_(:3 」∠)_
個人的には、パシの淡々としたトーンでの高速喋りや神経質な歩き方はめっちゃそれっぽすぎて、うひゃーってなりました(めちゃくちゃ褒めてる)
とか書いてたら、有識者から情報提供ございまして、映画秘宝に実はROBINという、フィンランドジャスティン・ビーバーと呼ばれる若い子に人気の歌手について話していると書いてあることを知りました。どうりで見つからない訳や…
でもROBINでも見つからへんで。パシどうなっとるんや。

tower.jp

ROBINっていうアルバムは見つかったけど、Farmakonはフィンランドプログレッシブデスメタルバンドみたいだしな…

 

 

◆「歌詞は幻想的なものや神話を基にしたばかばかしいものが多い(セリフうろ覚え)」
ウィッス。
そういう壮大なやつは彼らがやっているデス系よりエピックメタルなイメージ

 

 

◆曲作り中の「ソロはなしで」というコメント
ギターソロが入るのは、古いタイプのメタルが多いです。
ちょっとその辺りの転換期とか歴史とかは有識者に任せます(ぶん投げ)
あとついでにリフのシーンの笑いどころも有識者に任せます(ぶん投げ再び)

 

 

◆初めてオリジナル曲歌って「メッセージ性の強い歌詞だな」ってセリフ
笑うところ。
デスボイスの歌詞って基本全く聞き取れないよね。

 

 

◆プロモーターがトナカイの血を買いに来るシーン
自分が被るのではなく、メタルライブで使う為に買いに来たと思われる
ちなみに、血が降ると聞けば、99%のメタラーがまずこれを思い浮かべるのでは
Slayer:Raining blood

youtu.be


スラッシュ四天王のスレイヤー。ケリーキング曰く、「滑るから大変だった」とのこと

 

 

◆暴れたオウラにヘッドホンつけたらオウラが大人しくなるシーン
メタルはいずれガンにも効く

f:id:h6ka0:20210428093630j:plain

し、精神も安定させる

 

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む

  • 作者:中野 信子
  • 発売日: 2019/01/30
  • メディア: 単行本
 

 

 

◆「死のバンだ!!!」「買うよ」
普通は不吉ですが、(特にデス系の)メタラーからしたら垂涎もの

 

 

◆クズリと戦うシーン
いや、これメタルとは関係ないんですけど、字幕だと多分分かりやすくクズリでしたが、実際はラーテルとのこと。
そう、まさにライオンから餌を奪う、最強の生物
トゥロがんばったね…

 

 

◆パシ改め、クシュトラックスの白塗り
笑うry
彼らの音楽ってデス系なんですが、デス系は白塗りしません。白塗りするのはブラック系です。

 

 

◆パシ改め、クシュトラックス
バンドの時だけこう名乗るみたいなのはあるあるですね。
彼は仕事でも白塗りをしていくというところで、激しくズレてはいますが、彼自身が能動的に伝説というものを作っていこうという確固たる意志が見え隠れして…いや隠れてはないな…
パシが挙げてた名前の一つ、キング・ダイアモンドはこんな感じ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5e/King_Diamond_-_Rock_Hard_Festival_2013.jpg/220px-King_Diamond_-_Rock_Hard_Festival_2013.jpg

 


◆ユンキの死
これ、一回目観たときに時代がいつかって話をしてたんですね。
カセットテープ使ってるし、スマホじゃないし、ちょっと現代じゃなさそうだなと。
田舎だからじゃないかという意見もありましたが、個人的には、15年くらい前の設定説が一番納得いってました。
が、ユンキの墓石みたら、1992~2016って書いてあったんですね。思いっきり現代じゃん。
埼玉かよ。

翔んで埼玉

翔んで埼玉

  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: Prime Video
 

 

 

◆「あなたのためにオウラの学校へ行こうとしてたのに!」
このセリフよく分かんなかったので解説ほしいなと思ったら、フィンランドは割と大人になってからも専門的な学びの機会があるみたいだと教えて頂きました。そしてオウラではなくオウルが正しいようで…

オウルは結構大きな都市で、大学や高度な専門学校もあるようです。

 

 

◆ドッケン大佐

f:id:h6ka0:20210428185453j:plain

元ネタはこの人かと
彼はドン・ドッケンと言いまして、彼の名前を冠したドッケンというバンドもあります。
ギターも太りやすいけど、ボーカルも太りやすい

 

 

◆ドッケン大佐が「アンジェロ…」って言いながらロケットランチャーに頬ずりするところ
笑うところ
なのはみなさんお分かりかと思いますが、ロケットランチャー、4発弾丸こめられてましたよね??
メタル的にはアンジェロ先生ことマイケル・アンジェロという4本ギターを演奏する超絶技巧をもったギタリストがいてだな…
つまりメタラー的にも笑うところ
Nitro:Freight Train

youtu.be


実際に演奏しているところ。せっかちさんは2:15辺りからみると、突然4本ギターが空から降ってきて演奏しだすとこから見れます。まあ4本必要だったかどうかは別として…
ついでに言わせて頂くと、彼はGuitar One Magazine誌にて早弾きギタリストNo.1にも選ばれておりまして、No.2以降を見てみますと、クリス・インペリテリ(インペリテリ),ポール・ギルバート (Mr.Big),ジョン・ペトルーシ(Dream Theater),イングヴェイ・マルムスティーン(豚貴族)と続きます。

 

ヴァイキング
恐らくLARPをやっていたであろうヴァイキング集団
荒唐無稽さが出したかっただけでしょ?と思うなかれ。ヴァイキングメタルというジャンルがあってだな…
因みにヴァイキングメタルとは、フォークメタルの中でもヴァイキングにフォーカスを当てたジャンルです。
なのでほぼほぼ北欧にしかいないジャンル。前回のメタル日記の解説を借りて言えば、イーブイが北欧の風を受けてヴァイキングメタルに進化したんです。
まあ、北欧の民族音楽にブラック的な要素が入って説もあるのでなんとも言えないんですが、とりあえずはフォークメタル聴いてよって言いたいんでフォークメタルの流れと定義付けます。いいね?

フォークメタルでフィンランドと言えばこちらのバンド、森の妖精さんことKorpiklaani
コルピクラーニ:酒場で格闘ドンジャラホイ

youtu.be

そしてこれがヴァイキングメタル。いや、バトル・メタルだ!!!!(どっち)
Turisas(チュリサス):Battle metal

youtu.be

共通項としてはどちらもPVが超安っぽいですよね!!!!!最高!!!!!(音楽性には一切触れない)
ヴァイキングメタルとしてはフェロー諸島出身のバンドについても言及したいですが別の話になっちゃうのでまた今度

 

 

◆1人だけエルフの格好してた人
ヴァイキングの中で浮いてて、「今回のテーマは中世だ。妖精じゃない」って言われた人。
が、発言の中にレゴラスとありましたので、指輪物語を連想させたかったのでは??
そう、メタルで指輪物語大好きバンドと言えば、ブラインド…!!!いや、彼らはドイツだった。ここはフィンランドの顔を立てます。
メタルでフィンランド指輪物語と言えばナイトウィッシュのこちらとかいかがでしょう?
Night wish:Elvenpath

youtu.be

あとは、Battleloreというバンドが正に指輪物語をテーマとしたバンドです。
ナイトウィッシュは全ての楽曲が指輪物語を元にしているわけではないので、こっちが真打かも。まずね、ギターとかボーカルとかじゃなくて種族からくるから。
種族:Wood-Elf
職業:Ranger/Scout
武器:Longsword, Hunter’s Bow
とかなってるから公式で。バンドなんだよね??楽器アピールしなくていいの?????
みなさんもう予想ついてるかもしれませんが、中つ国の住人になりきってるので、もちろんコスプレもしてます。

Battlelore(バトルロー):Third Immortal

youtu.be

 

 

◆終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル
メタルのジャンル細分化しすぎて訳わかんない問題。
そんでややこしいことになってしまうというあるある。
どちらも盛り込んでおりますこちら、最終的にほぼジャンル通りになってるなって
・終末シンフォニック
これだけね、微妙にマッチしてないんですが、楽曲提供をしているのが、フィンランドを代表するストラトヴァリウスのラウリ・ポラー*1(ベース,2005年~)担当しておりまして、彼らのジャンルの一つにシンフォニックがあるのでそれは良いとして

Stratovarius :Black Diamond

youtu.be

終末どっから来た

・トナカイ粉砕
そもそもトナカイを粉砕したことからあのリフができましたね

・反キリスト
墓から死体を掘り起こす所業
しかもそれをライブ会場まで持ってきてクラウドサーフさせる所業
ユンキは「死んでもフェスに行く」と言っていたので、奇しくも彼の願いが叶ったことに

・戦争推進
なんたって悪魔崇拝者で原理主義者のテロリストだもんなあ(棒読み)

 

 

◆「お前ら最高にロックだよ」「ロックな理由ね」「ロックロック」
※メタルです

 

 

お疲れ様です。
こんな感じです。
音楽的な分析とか歴史的な分析とか真面目なのは他の有識者諸氏に任せた…
東京では応援上映やったらしいよ!うらやましいね!!!
でもこれだけメタルが盛り上がってるなんて嬉しいな!!!!
これをきっかけにメタルに興味持ってもらえると嬉しいな!!!!!
それではみなさんステイメタル🤘🤘🤘

 

【おまけ】みんなで歌うFlooding Secrations(溢れ出す分泌物)

 

 

 

 

*1:シベリウスのひ孫なんだって、知らなかった

フエラムネ買ったげるボタン